建築士になるには、土木科を卒業しよう

将来は建築士になって、土木関係の仕事など、多岐にわたって活躍したいと思う人もいるだろう。
建築士になれば、一生仕事に困る事がないうえ、高収入が得られるのだ。しかし、ただなりたいからと言って、直ぐにでも独立して仕事が出来る訳ではない。何故かと言うと、建築士になって働くためには、国家資格を取得する必要があるからだ。

まずは何よりも一生懸命勉強して、国家資格に合格しなくてはいけない。また、この国家試験も、誰もが簡単に受けることが出来る訳ではなく、受験資格というものがあるので、注意が必要だ。
その受験資格とは、学歴と実務経験になる。高校で土木科を卒業した人は、更に実務経験が3年以上必要になる。また、大学や短大、専門学校の土木科を卒業した人は、実務経験が1年以上必要になるのだ。

では、専門的な学校に出ていないと、全く受験資格が無いのかと言うと、そういう訳ではない。
何も学校に出ていない人でも、実務経験を7年間積めば、受験資格を得ることが出来る。この場合、学校に出ていない分、実務経験を沢山積まないといけないが、学歴も関係なく建築士になりたいと思っている人は、現場で沢山の事を学んでから国家資格を取得すると良いだろう。

そして、勉強をする時には、必ず教科書やマニュアルに沿った勉強をするだけではなく、幅広い知識が必要になる。建築デザインもそのひとつなのだ。建築デザインのセンスを磨くためには、まずは身近な芸術品に触れてみると良い。さまざまな芸術品に触れることが大切なので、自分のデザインセンスを日々磨くようにしよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です