納期間近になると残業が発生する場合がある

仕事は何らかの期限が定められている事がよくある。
期限までに仕事を仕上げて収めなければ、契約上の問題が生じる。建築や土木の分野も、そのような事情がある。クライアントからの注文を受けて、仕事を始める事になるが、その際には期限が定められていて、その期日までに全ての仕事を仕上げなければならないのだ。

しかしながら、仕事の完成までには不確定要素が多数存在する。
天候不順による計画の崩れや、工事のやり直しといった思わぬトラブルにより、期日までに間に合わせる事が難しくなるケースも多い。そのため場合によっては、スケジュールを詰めて仕事をしなければならないという問題がある。スケジュールを間に合わせるため、夜間に作業しなければならないケースもよく起こりうることである。

仕事の納期が差し迫ってくるに従い、スタッフに関して言えば十分に体を休める時間を確保する事ができず、次第に疲労が蓄積してくる。
体を休めるための十分な時間を取る事ができないため、体力的に厳しいものがある。しかし、無事期日までに仕事をやり遂げたときの充実感は大きい。できれば当初の予定通りに余裕を持って仕事ができると、ベストである。

計画の遅延の問題は、建築土木の仕事ではよく起こりうる事だ。そのため、スケジュールが混んで仕事が厳しい場合に備えて、仕事の合間には十分に休息を取っておくとういこと適切である。しかし、考え方によっては好都合である。ただでさえ時給が高い仕事だが、残業が多くなると、遊びに行く暇もなくなるので、お金を使う暇がない。お金が溜まる一方なので、短期間で集中して稼ぎたい人にとっては魅力的なアルバイトと言えるだろう。